新郎新婦に知ってほしい!!二次会で受付をやることの大変さ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

結婚式二次会の幹事の代行をしている二次会エンタでプランナー兼司会者をしている田島です。

結婚式二次会では友人に受付をお願いするかと思いますが、実際受付が何をするのか知らないでお願いしている新郎新婦が多いようです。

やったこともない受付を気軽な感じで引き受けたり、立候補している友人もいるようです。

会費を集めているだけだと思っていたら大間違いです!!

実は受付がやることは以外と多く大変で責任重大なんです!!

そこで今回は新郎新婦に知ってほしい!!受付がやることの大変さ!?をご紹介致します。

0e625c3b24c87cc759cb137ce23fa889_s

会場入り~受付開始まで

当日二次会の会場に着いたらまず受付の装飾をします。

ウエルカムボードやグッズやお花などを装飾していきますが、受付はゲストお出迎えする最初のポイントなので受付周りの装飾はセンスが試されます。

もし「友人のセンスは少し心配かも・・・」と思われる新郎新婦さんは細かく何をどこにどのように装飾するのか前もって指示してあげてください!

受付の装飾が終わったら名簿・釣銭・配布物の確認をして受付の流れをスムーズに出来るように準備していきます。

また受付では会場の注意事項も確認しておかなければなりません!!

お手洗いや喫煙所の場所、ドリンクスタートの時間など受付しながら聞かれることもあるからです!!

会場によって準備の時間は違いますが、通常は30分です。

慣れていてもこれだけのことを30分で準備するのは大変なので初めての方やマイペースな方には厳しいと思われます。

仕事が出来るセンスの良い友人に頼みましょう!!

受付開始~新郎新婦入場

そして準備が終わったらいよいよ受付が開始です。

やることはゲストの名前を確認して会費をもらいお釣りを返すをただ繰り返しているだけのように感じるかもしれますが、実は受付は結構テンパります。。

イレギュラーで参加されるゲストもいますし、物を持ち込みたいや預かってほしいなど対応もあります。

また遠方から参加されるゲストは会費を安くしていたり、お子様を連れてくるゲストもいるので子供の会費を間違えてしまう事も多くあるんです!!

そしてなにより受付スタートと同時に大半のゲストが受付に押し寄せてくるため、普段冷静なご友人もテンパることが予想されます。。

しかし受付は二次会の顔です!!

受付がテンパりながら対応も雑ではみっともないので、不測の事態や状況でも冷静で更に笑顔で対応出来るご友人を探してください!!

入場後~パーティー終了

入場が終わりパーティーが始まると受付がやることはないと思いたいところですが、残念ながらパーティーを楽しむことは出来ません。

まずゲストの人数と会費の合計金額が実際手元にあるかを確認します。

もしこの人数×会費=合計金額と手元の金額が合わなければ受付がミスをしたことになるので、新郎新婦に見つからないように何度もお金を数える地獄が始まります。

みんながパーティーを楽しんでいる裏でお金を数え続けるのは辛いですが、それも受付がやることです。

金額が無事合っていれば一安心ですか、受付を離れることは許されません。。

遅れて参加されるゲストもいますし、パーティーの途中で支払いを済ませてほしいお店や参加人数を確認してくるお店もあるため、必ず一人は受付にいなければいけません。。

そしてパーティーが終了するまでお金を管理しておかなければいけないという責任があるため、受付は本当に大変なのです!!

それでもあなたは友人に受付をお願いしますか?

「仲が良い」「信頼出来る」「受付をやると言ってくれた」などの理由で友人にお願いする気持ちはよくわかりますが、実際は仕事並に大変できついのが二次会の受付です。

どうしても友人にお願いしたいのであれば、必ずお礼をしてあげてください!!

もしこだわらないのであれば、業者に頼むことをお勧めします!!

普段やらないことをわざわざ友人にお願いして辛い思いをさせるくらいなら、その道のプロにお願いすることが絶対に良いからです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。