お笑い芸人が司会の結婚式二次会幹事代行「二次会エンタ」にて、プランナー兼司会をしている田島です。

二次会の幹事や司会を頼まれると準備することが山のようにありますが、その一つが会場の下見です。

多忙な幹事や司会は会場をちらっと見て終わりなんてことになってしまうかもしれませんが、ここを見落とすと確認すれば良かったと当日後悔することになります。

そこで今回は下見をする際に気を付けてほしいポイントをご紹介します。

 

プランナー・スタッフと打ち合わせ

 

01

まず会場を見る前にやることはプランナーやお店の担当者との打ち合わせです。 当日の流れを確認しながらこれは誰がやるか?を明確にしていきます。

細かな当日の流れを確認

例えば新郎新婦の入場の準備が整った際に、誰が司会者にそのことを伝えるか? 新郎新婦に乾杯用のドリンクを誰が持って行ってくれるか?

ケーキカットの際ナイフの持ち方等の説明を誰がしてくれるか?

余談ですが、お店で二次会をやる場合スタッフは場所と料理と飲み物だけ用意すれば良いと考えれているお店が大半です。

つまりこちらがお店に「やってくれるだろう」と思っていることは当然のようにやってくれません!!

もちろん積極的に動いてくれるお店もありますが、ごく稀です!!

必ず打ち合わせの時に、お願いしたいことを全部確認してお店に断られた場合誰が対応するかを明確にしておきましょう。

何故なら当日乾杯のタイミングでもし新郎新婦のドリンクが準備されていなかったら、その場を繋ぐのは司会者の役目です!!

準備不足でバタバタもしくはグダグダなった場合の対応や責任は司会者にあるので、実際に進行を細かくプランナーやお店のスタッフと打ち合わせしましょう。

 

会場のチェック

打ち合わせがある程度進んだら次は会場チェックです。

これは打ち合わせで色々確認したことを実際に会場を見てチェックしていきます。

実際の流れをイメージしながらレイアウト確認

例えば高砂、司会台、余興スペースの確認やスクリーンやプロジェクターの映像や音響確認をしていきます。

それからお手洗い、喫煙所、クロークの場所もここでチェックして当日スムーズに進行出来るように確認しておきましょう。

お店は問題ないですが、結婚式場で二次会をする場合は会場チェックが時と場合によっては出来ない可能性があるので事前に打ち合わせと会場の下見がしたいと担当者に伝えていきましょう。

 

リハーサル

ここまでくれば会場の下見は十分ですが、もし可能であえば実際にリハーサルをしてみるのも良いと思います。

やっておくと安心の事前リハーサル

当日は余興のリハや受付・会場内の準備でバタバタ、それからパーティーはすぐ開始になるためゆっくり確認する時間はありません!!

そんな状況でもし初めての司会で100人近いゲストを相手に仕切るのは強心臓でないと乗り越えられません。。

せっかく会場にいるのであれば、マイクチェックついでに入場のシーンくらいの呼び込みの練習はしておいた方が当日落ち着いて進行出来ます。

式場の空いている時間帯やお店の営業時間前に打ち合わせ含めて使えるかを確認することをお勧めします!!

 

いかがだったでしょうか?

ただ会場をざっと見てOKではなく、実際に進行している状況を想定しながら下見をしていくと確認することやチェックすることはたくさんあります。

幹事としっかり連携をとって万全の準備をして二次会当日を向かえましょう!!

プロのお笑い芸人による司会進行は幹事代行の「二次会エンタ」

「二次会エンタ」なら、新郎新婦さまと事前に打ち合わせをしたプロのお笑い芸人が当日の司会を担当します。お二人のエピソードを盛り込んだ進行で、ゲストのみなさんにも安心して楽しんで頂くことが可能です。

また、お二人のエピソードをベースにしたオリジナルの漫才も余興に組み込むことができますので、唯一無二の二次会を開催したい新郎新婦さまにおすすめです。

是非幹事代行「二次会エンタ」の詳細をチェックしてみてください。

  2次会エンタ~1,500円からの幹事代行サービス 2次会エンタなら、プロお笑い芸人と専属プランナーに、面倒な結婚式二次会の幹事をまるっとお任せ♪ 新郎新婦様のご要望に合わせて、会費1,500円~の豊富なプランをご用意しております。 まずは詳しいサービス内容と料金プランをチェック! 宴索のまとめblog記事