avatar
宴索・佐竹
都内・横浜で、貸切できるレストラン・カフェなど約450会場をご紹介している「宴索~ensaku」にて、ライターを担当しております佐竹です。
その他、運営会社・㈱リアルメディエーションの代表取締役や、結婚式二次会のプランナー、カメラ撮影などマルチに活動してます。

会場探しを含めると、これまで1,000組以上の結婚式二次会に携わってきました。

結婚式二次会を陰で支える黒子のような存在、それが幹事です。幹事には、結婚式・披露宴の準備で忙しい新郎新婦さんに代わって、二次会の準備から当日の運営までを仕切る役目があります。

そのため、二次会を開催する場合は、誰に幹事をお願いするかを必ず決めなければいけません

一般的には、新郎新婦さんと仲の良いご友人に幹事を依頼するケースが多いと思いますが、

  • 幹事慣れしてそうな、頼める友人がいない
  • 友人に負担をかけたくない

と新郎新婦さんが考えた時、幹事代行業者に依頼する選択肢もございます。

幹事代行業者とは、ご友人の幹事を立てずに(もしくはその仕事の一部を)任せることができる、いわば二次会のエキスパートです。

ただ、いざ幹事代行業者のご利用を検討した際に、何を基準に探せばよいのか、どのプランが1番お得に利用できるかなど、迷われる新郎新婦さんも多いかと思います。

そこで今回は、現役の二次会プランナー(2次会エンタ)である私が、業者ならではの目線で人気代行業者をご紹介しちゃいます!
最後に、弊社2次会エンタの特徴もご紹介しますので、自分に合った幹事代行業者を探す際のご参考にしてみて下さい。

こんな人におススメの記事です

・幹事代行業者、ぶっちゃけどこに頼ぶべきか良く分からない
・幹事代行サービスを比較する際のポイントを知りたい
・代行業者の候補を絞りたい

目次

幹事代行サービスとは

先ずは、結婚式二次会の幹事代行サービス全般についてお話します。

幹事代行サービスを利用するかどうかで悩まれている新郎新婦さんはもちろん、改めて幹事代行サービスのメリット・デメリットを確認されたいお二人にも、ご参考にしていただければと思います。

結婚式二次会を幹事代行業者にお願いするメリット

もしこれまでに、結婚式二次会の幹事経験がある方であれば共感いただけるかと思いますが、幹事の仕事、正直言ってめちゃくちゃ大変です。

大変な作業

二次会の幹事に選ばれる友人は、新郎新婦さんにとって特に仲が良く(もしくは気軽に頼める職場や学生時代の後輩)、披露宴から招待される方である場合が多いです。

そうなると、結婚式・披露宴の最中も、幹事はその後の二次会のことで頭が一杯になります。酔いが回るといけないので、折角のフルコース料理をワインではなくソフトドリンクで堪能しなければなりません。

当然二次会の最中も、料理やお酒を楽しむ余裕はないです。仮に二次会の進行が少しでもグダグダになろうものなら、あとあとまで新郎新婦さんに対する罪悪感に苛まれます。

更に、結婚式当日を迎えるまでも、他の幹事との打合せ、二次会会場の下見、景品の買い出しと、まぁやることを挙げればキリがありません。

avatar
えっ、二次会の幹事くらい、もっと気軽にできるでしょ!?

なんてお考えの新郎新婦さんは、幹事のお仕事が如何に大変で、緻密な準備が必要になるかを、幹事代行のプロが教える、結婚式二次会の仕事リスト決定版【事前準備編】にまとめましたので、こちらを参考にしてみて下さい。

そのため、幹事代行業者を利用する最大のメリットは

幹事を頼まれるはずだった友人幹事の負担が無くなる

これに尽きます。

もう一つのメリットは、新郎新婦のお二人にとっても、心の負担が軽くなることです。

友人に頼んでいる場合は、ただでさえ大変な仕事をお願いしている関係で、あまり迷惑を掛けたくないな…と幹事に気を遣うことが多くなります。

もし、幹事の準備が思ったより進んでいなかったり、もっとこうして欲しいな、と思うことがあったとしても、遠慮して中々言い出せないでしょう。

その点、お金を払って代行業者に依頼をしている場合は、遠慮せずに自分達の希望や要望も伝えやすいですよね。プロにお願いしているのだから、任せておけば上手くやってくれるだろうな、と思える「安心感」も、結婚式の準備に追われている新郎新婦さんにとっては、意外と大きな魅力です。

新郎新婦

結婚式二次会を幹事代行業者にお願いするデメリット

実は、幹事代行業者に依頼をすることによるデメリットもあります。(代行のプランナーをしている人間が、声を大にして言いたくはありませんが、笑)

先ず、友人に幹事をお願いする場合と比べると、費用は間違いなく高くなります。

avatar
えっ、幹事代行って、自分達の自己負担0円で頼めるんですよね?HPにはそう書いてありましたけど…

確かに幹事代行業者のHPには、だいたい「自己負担0円」の文字がデカデカと書いてありますよね。しかし、この世の中に、タダより高い物はありません!!

幹事代行サービスを利用しつつ、自分達の自己負担を0円にしようと思ったら、次の点を我慢していただく必要があります。

  • ゲストの会費を高くする(友人の負担増)
  • ゲストに幹事の仕事を一部手伝ってもらい、代行料金を割引してもらう(友人の負担増)
  • 飲食代金の安い会場を予約する(友人の満足度減)

そうなんです、結局新郎新婦のお二人が自分達の負担を無くそうと思ったら、友人(参加ゲストや幹事)に負担をお願いするしかないんですね。

そもそも友人の負担を下げるために、幹事代行業者へ依頼をする新郎新婦さんがほとんどかと思います。そのため、ある程度「自己負担」が出ることを覚悟しておかないと、かえって友人の負担が上がってしまうという、本末転倒な結果に陥ってしまう可能性が高いです。

avatar
宴索・佐竹
以前参加した結婚式二次会に、某幹事代行業者が入っていたことがあります。
その時の会費は9千円と少し高め。しかも料理は揚げ物とおつまみ程度…
景品は確かに豪華でしたが、当たらなかった自分にとっては、ただただお腹が満たされなかった印象しか残りませんでした。

もう一つのデメリットは、「結婚式二次会のテンプレート化」です。

どれだけ「オリジナル」をうたっている幹事代行業者であっても、フルカスタマイズをするだけの時間やコストをかけることは、物理的に難しいです。実際それをやるには、スタッフも費用も倍以上はかかりますし、当然新郎新婦お二人の時間や手間も必要になります。(単純に、打合せの回数も増えます)

そこで幹事代行業者は、経験と実績に基づいて「テンプレート化」されたプログラム・進行に、皆さんの結婚式二次会をはめ込む、という作業をします。細かい演出の違いはあれど、限られた時間と打合せ回数で準備を進めるためには、それが一番効率が良いからです。

その点、友人に幹事を頼む場合には、準備にかける時間は「ただ(無料)」です。

昔から新郎新婦のお二人と仲が良く、何でも知っている友人が5、6人集まり、時間に糸目をつけずに何度も集まって準備を進める。時には、こっそり地元の友人や両親のメッセージビデオを撮影し、徹夜で編集作業を敢行する(私も若い頃はよくやりました…)

一方幹事代行業者は、新郎新婦さんとは初対面のプランナー1名が、1、2回の打合せのみで準備を進める。

どう頑張っても、オリジナリティ(カスタマイズ)という面では、幹事代行業者は友人幹事様には遠く及ばないのです。

その代わり幹事代行業者は、準備のスケジュールや当日の進行管理のために作成されたツールを駆使し、何度も実践を重ねたゲーム、プロ司会者で結婚式二次会を滞りなく進行し、高い確率で盛り上げてくれます。

幹事代行業者と友人幹事のメリットまとめ

✔ 幹事代行業者は「安心感」があり、失敗しない結婚式二次会を約束
✔ 友人幹事は「無制限の時間と手間暇」で、オリジナリティを演出

メリットデメリット

では、どんな新郎新婦さんに、幹事代行サービスのご利用をおすすめしたいか。

結婚式二次会は、友人皆に楽しんでもらうことが、一番大事!」とお考えの新郎新婦さんには、幹事代行サービスがおすすめになります。

どんなに経験豊富なご友人でも、幹事の仕事は負担がかかりますし、二次会当日も仕事モードにならざるを得ません。仲の良い友人だからこそ、二次会は気兼ねなく楽しんでもらいたいとお考えの新郎新婦さんにとっては、幹事代行は使って損はしないサービスとなります。

幹事代行サービスの違いはココに出る

いよいよ幹事代行業者の比較に移りますが、実は各業者のサービスの違いが分かりにくいのも、幹事代行サービスの特徴であります。

そこで、幹事代行業者を比較する際に、どこに注目して比べればよいか。つまり、幹事代行サービスの差が生まれやすいポイントをまとめていきます。

正式予約までの流れ

先ず、正式に幹事代行業者に申し込むまでの流れから説明します。

結婚式二次会の幹事代行業者を検討しようとされた際、最初にやることが「無料相談(会)」への参加です。

WEBや電話だけでも申し込みは可能ですが、二次会とは言え、お二人にとっては一生に一度の大切なイベントを任せる業者・担当者には、事前に会ってから決めることをおすすめします。

そのために各業者が提供している申込前の打合せが、「無料相談(会)」です。

無料相談会の申込方法は、大きく分けて次の2種類です。

  • 業者のショールーム・サロンへ出向いての相談会
  • 業者のプランナーが最寄駅などに出張しての相談会

サロンを構えている代行業者の特徴は、これまでの実績や抱えている進行中の案件数が多い点が挙げられます。プランナーの数も多く、新規のお客様対応と、お申し込み後のプランニングを分業して行っているケースが多いです。また、ドレスレンタルなどの本業が別にあり、そちらのサロンを使用して代行の相談会、打合せを対応している場合もあります。

反対に、出張相談で対応する、サロンを持たないタイプの代行業者は、実績が短かったり、プランナーも少数で運営しているケースが多いです。その分、新郎新婦さんの都合やスケジュールに合わせてプランナーが動いてくれますし、進行内容のアレンジもある程度柔軟に対応してくれる、という特徴もあります。

新郎新婦とプランナー

正式予約から結婚式二次会当日までの流れ

正式予約後は担当プランナーが付いて、結婚式二次会当日までの窓口や打合せを対応してもらうことになります。

基本的には、ほとんどの代行業者が打合せの回数は1回となります。(初回の相談会と合わせると2回)

打合せの時期は二次会当日から1~2か月前が目安で、それ以降はメールまたは電話でのやり取りで当日を迎えることになります。

そのため、この1回の打合せが非常に重要になります。
遠方にお住まいで物理的に打合せの調整が難しい場合を除いて、二次会に関する要望や質問は、担当者と直接会って伝えることをおすすめします。

avatar
宴索・佐竹
最近では、コロナウィルスの対策として、対面での打合せを控えて、リモート対応で打合せを行う業者も増えています。もし直接会って打合せをする場合も、しっかりと感染症対策(不織布マスク着用・アルコール消毒など)をしてもらえるか、事前に確認を取っておきましょう。(2021年4月現在)

打合せの際には、二次会に対するスタンスが良く分かるポイントとして、以下の2点をチェックしてみましょう。

打合せを対応したプランナーが、二次会当日も現場に来てもらえるか
打合せに、司会者も同席してもらえるか

直接要望を伝えたプランナーが、二次会当日の現場にいないと、どうしても「伝達ミス」のリスクが生まれてきます。

事前に話したプランナーさんには、ちゃんと打合せで要望を伝えたはずが、実際の二次会に全く反映されていない。。なんてことにならないように、打合せと当日の担当者が同じスタッフであった方が安心です。

もし、事前の打合せを対応したスタッフが当日現場にいない場合は、特に重要なご要望などは、口頭だけでなくメールなどの文章でも共有しておくことをおすすめします。

また、司会者と事前に打合せができるかも、チェックポイントの一つです。

プランナーと司会者

結婚式二次会当日は、パーティーの進行を仕切る役目を担うのが「司会者」です。
プランナーやディレクターがタイムキーパー役をしますが、結婚式二次会はアドリブや臨機応変な司会進行が必要となるケースが多いです。

そのため、司会者の経験値もさることながら、どのような結婚式二次会にしたいかを、新郎新婦さんから事前に司会者へ伝えることができると、より安心です。

  • ゲームの時は、できるだけ女性ゲストを贔屓してあげて欲しい
  • 〇〇さんは、いくらでも弄ってもらって構わない
  • このグループはお酒の飲み方が激しいので、煩くならないように注意して欲しい

といった細かいご要望も、司会者に直接伝えておきましょう。

幹事代行業者に依頼するデメリットとして「テンプレートになりやすい」と説明しましたが、打合せで新郎新婦さんのご要望を直接伝えたり、おふたりの人柄を共有できたスタッフ(プランナー、司会者)が二次会当日も対応することは、できるだけ「オリジナリティ」要素を結婚式二次会に反映させるために、重要なポイントになると思います。

結婚式二次会当日のサービス内容(無料特典)

結婚式二次会の幹事代行業者を比較する際に、最も分かりやすく差が出る要素は、当日のサービス(商品リスト)です。
中でも、幹事代行業者によって有料・無料の差が生まれやすいアイテムをご紹介します。

プロカメラマン

avatar
結婚式二次会でも、綺麗な写真を沢山思い出に残しておきたいな。

そんな新郎新婦さんには必須の、プロカメラマンによる撮影サービス。幹事代行業者やプランによっては、無料で付くケースがあります。

ただ、「カメラマンサービス」や「写真撮影」としか表記が無い場合は、プロではない業者のスタッフ(時にはアルバイト)が、デジカメで撮影するだけのケースがあるので、注意が必要です。

最近はゲストが撮影してくれるスマートフォンのカメラ性能も上がっているので、プロの一眼レフカメラ(フルサイズレンズ)でない場合は、写真撮影にはそれ程魅力は無いと感じます。

ウェディングドレスレンタル

結婚式二次会用の花嫁ドレスは、披露宴会場で着たウェディングドレス(またはお色直しで着替えたカラードレス)で済ませる方が多いです。ただ、二次会の雰囲気やイメージに合わせて、改めてレンタルされる新婦さんもいらっしゃいます。

そんな時に、幹事代行プランにウェディングドレスのレンタルが含まれていたら、お得感がありますよね。

無料のレンタルドレスは、

  • 代行業者が在庫を抱えるドレスの中から選ぶ
  • 運営会社が別事業で展開する(または提携する外部の)レンタルドレスサロンから無料で借りる

のどちらかになります。

前者の場合は、ドレスのラインナップが少なかったり、クリーニング代金は実費(大体1万円前後)で発生する場合が多いので、注意して下さい。

豪華景品セット

幹事代行業者によって最も差が出る内容は、景品セットの内訳になります。

豪華の定義は人によって様々ですが、一般的に「追加の景品を自己負担で買う必要が無い」程度に、充実している景品セット(もちろん複数点)が含まれているか、が条件になります。

ただし、景品はこだわってしまうとキリが無いので、どうしても景品にしたい高価な商品がある場合は、その費用は自己負担で賄うことを検討しておきましょう。

また、「景品手配」と記載がある場合は、景品の「手配」は代行しますが費用は実費で発生します、という場合が多いので、注意が必要ですね。(そんな一休さんみたいなトンチがあるのか…と驚かれるかもですが、「手配」の表記には要注意です)

オリジナルゲーム(アプリなど)

結婚式二次会のゲームは各社の差が出そう…と思いきや、正直あまり違いが少ないのがゲームの内容です。

それもそのはず、限られた時間で、事前のルール説明もなく、お酒も入ってほろ酔いのゲストがぶっつけ本番で参加できるゲームは、それほど種類は無いのです。あまり複雑なルールだったり、初めて見るゲームだったりして、ゲストが参加しづらくなっては本末転倒です。

幹事代行業者の間で人気(手堅い)のゲームは、後でもごご紹介する老舗2次会くんが考案した「ミッションビンゴ」です。
各社多少のルールの違いはあれど、ミッションビンゴを提案される代行業者は多いかと思います。

ミッションビンゴ(チャレンジビンゴ)の内容が気になる方は、結婚式二次会ゲームの新定番!チャレンジビンゴとは?にまとめたので参考にしてみて下さい。

その他、スマートフォン用のゲームアプリを使った「オールスター感謝祭クイズ」や、同じくスマートフォンで撮影した写真をその場でプロジェクタースクリーンに投影できるサービスが、無料で利用できる業者もあります。

また、ゲームや演出の持込みに対応できるかどうかは、業者によって異なります。意外かもしれませんが、新郎新婦さんが「こんなゲームをやってみたい!」と相談しても、NGとなってしまう業者もいます。特にこだわりのゲームがある場合は、必ず対応できるか事前に相談をしておきましょう。

プロフィールムービー(オープニングムービー)

映像関係は、幹事代行業者によっては無料の特典や基本サービスに含まれている場合があります。

ただ、ほとんどは結婚式で使った映像を持ち込む場合が多いです。
そのため、あれば良いかもくらいの位置づけのアイテムとなります。

関東の人気幹事代行業者を比較

いよいよ具体的な人気代行業者をご紹介していきますが、今回候補として選んだのは、以下の4社です。

  • 2次会くん
  • 2次会本舗
  • 2次会サポーターズ
  • 2次会エンタ

繰り返し申し上げますが、私は2次会エンタで現役のプランナーをしております。

そんなゴリゴリ中の人に、公平な比較なんかできる訳ないと思われてしまうかもしれません。

もちろん、自社のサービスなので2次会エンタを最終的にはおすすめしたい気持ちはございます(笑)

ただ、幹事代行サービスを選ぶ際に、最も重要な判断基準の一つは、実は担当プランナーとの相性だと思っています。
それくらい、幹事代行業者のサービス内容は違いが分かりにくく、お得感に差があったとしても微々たる場合が多いです。担当者さんとの相性次第で、全部帳消しになってしまう程度です。

avatar
宴索・佐竹
調べてみると分かるのですが、ネットで検索して出てくる「幹事代行サービスの口コミ」は、商品の内容そのものについてではなく、担当プランナーに対しての評価がほとんどです。
担当者のレスポンスが遅くて当日まで不安だった、プランナーに事前の打合せで伝えたことが全く二次会に反映されていなかった、などなど。
「担当者の質」については、同じ幹事代行業者の中でも個人差があるので、実際に担当してもらって初めて分かる場合が多いです。
プランナーの熟練度によって料金が変わる、もしくは「指名料」があると分かりやすいのですが、そうならないのがこの業界(ブライダル全体)の難しいところです。

もし幹事代行業者に、おふたりの大切な結婚式二次会をお任せされる場合は、是非とも2社以上の業者の担当プランナーさんと打合せをして、その人柄や接客の姿勢を比べてみて下さい

その点を踏まえて、今回は2次会エンタにご相談いただけるお客様が、一緒に比較検討されていることが多い3社を選んでご紹介していきたいと思いますので、参考にしてみてください。

2次会くん

2次会くん
【2次会くん】詳細はこちら

言わずと知れた、結婚式二次会幹事代行サービスの最大手「2次会くん」です。

一時期はTVCMまで流れていた2次会くんですが、最近は自社で手掛ける格安ウェディング(結婚式)の「スマ婚」がより有名になりました。

基本的なコンセプトはスマ婚も「2次会くん」も同じで、ゲスト会費で全ての費用を賄う=自己負担0円を、最も早くからうたってきた会社でもあります。

成約者も累計3万組を突破したとのことで、実績は間違いなく日本でNo.1の幹事代行サービスと言えるでしょう。

2次会くんの料金体系

2次会くんは「自己負担0円」をうたっている幹事代行会社ですが、具体的なサービスの料金について、ホームページで詳しく説明していません。

料金に関するページでも、

友人にお願いすると、謝礼や会費の負担などで、結局自己負担0円というわけにはいきません。また、場合によってはゲームのプレゼント代まで負担する可能性も…
「2次会くん」は飲食代や景品代すべて含んだ会費を頂戴し運営しているので、新郎新婦が金額を負担することは一切ありません!※条件等お尋ねください

2次会くんの公式HPより

などの説明があるだけで、あとは「参加者の会費目安」として、関東の場合が6,050円~となっています。もし本当に新郎新婦さんの自己負担0円で会費6,050円の二次会が開催できれば、とてもリーズナブルで良心的かと思いますが…おそらく現実的には不可能だと考えてもらってよいです。

実際、2次会くんのHPには、友人に幹事を頼んだ場合の費用の比較表も載っておりますが、

2次会くん 公式ホームページ~内容 & 料金ページより

ゲスト40名の場合で、新郎新婦さんの自己負担金額がプランプロデュース代として98,780円かかるようです。また、飲食代が「会場によって異なります」と説明があるので、会費7,500円が会場によって変わってくる可能性が高いです。(ネットの口コミを見ていると、会費への上乗せ料金が3,500円ほどかかるようなので、このシミュレーションでは飲食代は4,000円の設定かと思われます)

つまり、飲食代金を4,000円以内に抑えて、かつプランプロデュース代金98,780円を会費に上乗せ(40名の場合は約2,500円で、会費は合計1万円に)しないと、新郎新婦さんの自己負担0円は難しいことになります。

2次会くんのおすすめポイント

実績No.1の老舗幹事代行会社「2次会くん」

2次会くんは実績や規模は業界No.1の幹事代行会社で、サロンは東京(渋谷と銀座)・大阪・名古屋・兵庫・福岡の計6か所にあります。また、成約者の累計も3万組を超えていると宣伝されているので、他の幹事代行会社と比較すると、実績では頭一つ抜けている存在と言えます。

実績が大きいということは、それだけ安心感があるということです。また、ホームページには細かい料金設定なども説明がないため、「とにかくサロンに来てもらえれば、納得して申込んでいただける」という自信の表れでもあります。

無料特典は業界イチ豪華な景品!カメラマンとドレスも条件付きで無料

2次会くんの無料特典の目玉は、業界No.1とも言われる(当社比)豪華な景品セットです。
詳細はやはりホームページからは分かりませんが、ゲスト人数に応じて「海外旅行券、人気家電、お肉ギフト、ディズニーペアチケット」などの、特賞級の景品が複数含まれた景品が付いてくるようです。

その他、条件付きですがプロカメラマンとウェディングドレス&タキシードレンタルも、無料特典としてプレゼントの対象になっています。

【ドレス&タキシード無料キャンペーン適用条件】

・初回来館時に2次会くんにお申し込みいただいたお客様に限り適用となります。

・本キャンペーンは90名以上のご利用に限ります。

・プロカメラマン撮影無料キャンペーンと併用できません。

【プロカメラマン無料キャンペーン適用条件】

・初回来館時に2次会くんにお申し込みいただいたお客様に限り適用となります。

・本キャンペーンは90名以上のご利用に限ります。

・ドレス&タキシード無料キャンペーンと併用できません。

2021年4月1日時点の追記

現在は、結婚式二次会の開催日が4月1日~5月31日のお客様限定で、キャンペーンの適用条件が90名以上→50名以上と、大変ご利用しやすくなっています。キャンペーンの内容や、適用条件は、随時更新されているようなので、最新の情報は2次会くんの公式HPでご確認ください

2次会くんはこんな新郎新婦さんにおすすめ

2次会くんは、プラン料金やサービス内容について、ホームページに詳しいことは載っておらず、「とにかく無料相談会に来てもらえれば魅力が分かります!」というスタンスです。

実際の料金や特典について、他社と比較するとそこまでお得感は薄いのが正直な感想です。

ただ、業界No.1の実績や信頼感がある会社であることに間違いはないので、幹事代行について取りあえず話を聞いてみたいかな、という新郎新婦さんは、先ずは2次会くんの無料相談会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

2次会本舗

2次会本舗
【2次会本舗】詳細はこちら

2次会エンタにご相談にいらっしゃる新郎新婦さんが、最も多く比較検討される幹事代行業者さんが、こちらの「2次会本舗」です。
それだけ、いま最も勢いのある代行業者さんの一つです。

2次会本舗の特徴は、シンプルで分かりやすい料金設定&ホームページのデザインです。

2次会本舗の料金体系

2次会本舗の料金プランは、業界イチの分かりやすい内容です。

当日のご参加人数おひとり様につきサービス料金3,000円(税抜)

基本サービスのご利用では、これ以上の費用は発生しません。

ゲストの最少人数が40名様以上からという点以外に、利用条件や追加料金はございません。
ゲスト人数×3,300円(税込)という超明瞭会計で、基本的な幹事代行サービスをご利用いただける点が、2次会本舗の最大の魅力です。

2次会本舗のおすすめポイント

では、2次会本舗の基本サービス&無料特典は、他の幹事代行会社と何が異なるかをご紹介していきます。

無料相談会は、新郎新婦さんのご都合に合わせて出張対応

2次会本舗は自社サロンでの相談会・打合せ対応はございませんので、基本的に無料相談会はプランナーによる出張対応となります。

出張相談会のメリットについて改めてご説明しますと

  • 平日仕事帰りや週末式場の打合せの前後など、合間の時間で調整できる
  • 駅前のカフェなどオープンな場所で行われるため、「営業される」プレッシャーが少ない
  • 開催会場が決まっていない場合、下見を兼ねて候補会場での打合せも可能

などがございます。

サロン型の無料相談会では、全体予算を大きく左右する開催会場について、下見前にその場で予約を迫られるケースもございます。
2次会本舗では、会場の下見(事前に要望を担当者に伝えておけば、候補会場の提案や下見手配も調整してもらえます)と一緒に無料相談会を組めるため、忙しい新郎新婦さんにとってより便利に活用いただけます。

基本サービスに、お笑い芸人司会者から景品セットまでコミコミ

明瞭会計が特徴の、参加ゲストおひとり様あたり3,300円プランには、基本的な幹事代行サービスが全て含まれております。

また、司会者はお笑い芸人を手配してもらえますので、結婚式二次会は披露宴とは雰囲気を変えて明るく賑やかなノリで、とお考えの新郎新婦さんにはぴったりのMCとなります。

人数によってグレードが上がる景品セットや、パーティー中の写真撮影サービスも基本料金にコミコミとなります。
ただし、「プロカメラマン」ではなく、あくまでもスタッフの一人がデジカメでカメラマン役をしてくれるサービスなので、あまり写真のクオリティには期待し過ぎない方が良いかもしれません。

今なら前撮り写真撮影が無料のキャンペーン中!※2021年3月限定

現在2次会本舗の公式ホームページ上では、スタジオ前撮り無料サービスのキャンペーン中となっています。
スタジオでのドレス・タキシードレンタル、着付け、ヘアメイク、カメラマン撮影とデータCDが無料の特典で提供いただけます。

2021年3月にご成約された新郎新婦さんへの限定キャンペーンですが、毎月何かしらの限定キャンペーンを実施しているようなので、来月以降も継続されている可能性もございます。
気になる方は、今月の特典内容を2次会本舗の公式ホームページでチェックしてみて下さい。

2次会本舗はこんな新郎新婦さんにおすすめ

プラン料金が単一で明瞭会計が特徴の2次会本舗は、とにかくシンプルな内容を好まれる新郎新婦さんにおすすめです。

余計なプロデュース料金や追加オプションは発生しませんので、3,300円×ゲスト人数の料金で、結婚式二次会をマルっとお任せできる安心感は大きいです。

司会者もプロのお笑い芸人さんを手配いただけるので、料金はシンプルですがパーティーはしっかりと盛り上げてもらえます。(ただ、事前の打合せに同席はなく、当日までどんな芸人さんが来るかは分かりません)

無料特典内容は他社と比べると若干物足りなさはあるため、出張相談のプランナーとの相性次第で、印象は変わってくるかもしれません。

2次会サポーターズ

2次会サポーターズ

埼玉を拠点に、ジワジワと人気を伸ばしてきた「二次会サポーターズ」さん。

実績数も2020年1月で7,017組を超えたようで、相談カウンターも東京・埼玉(大宮)・横浜の3拠点に構えています。

2次会サポーターズの料金体系

2次会サポーターズは「1日3組限定」の無料特典がとにかく充実しております。

基本サービスは2,500円×当日参加のゲスト人数分ですが、103,120円相当の1日3組限定特典には、以下の内容が含まれます。

  • ドレスレンタル料金が無料
  • タキシードレンタル料金が無料
  • 専属カメラマンによる200カットの写真撮影が無料
  • オンラインアルバムが無料
  • プチギフト15%OFF

特に、ウェディングドレス&タキシードの無料レンタルと、専属カメラマンによる写真撮影が200カットデータ納品は魅力です。(ただし、プロのカメラマンかどうかは不明です)

おひとり様2,500円の幹事代行料金も、これまでご紹介した2社の料金と比較すると最もリーズナブルな設定です。
その上、無料特典も利用できた場合は、間違いなく一番お得な幹事代行会社となります。

2次会サポーターズのおすすめポイント

それでは、2次会サポーターズのサービスが、他の幹事代行業者と何が違うかをご説明していきます。

無料相談会は、出張対応またはサロン来店どちらも対応可

2次会サポーターズのサロンは、埼玉県は大宮、東京都は新宿、神奈川県は横浜と、各都道府県の主要3都市にございます。
そのため、サロンでの無料相談会にも足を運びやすいです。

また、プランナーによる出張対応もしてもらえますので、新郎新婦さんのご都合に合わせた相談会を手配いただけます。

ゲストおひとり様2,500円と最安級の料金設定

2次会サポーターズの料金体系も、ゲスト2,500円×参加人数の明瞭会計システムです。

ただし、基本サービスの中に景品セットは含まれていないため、余興でゲームを行う場合の景品は、新郎新婦さんが自己負担されるか、ゲスト会費を上げて代金を賄う必要がございます。

他社の料金設定より安い分、その差額で自分達の好きな景品を揃えることができるため、(リストを共有すれば、プランナーが事前に実費で手配することも可能です)より大人数のパーティー時には割安感が出てくるシステムです。

例えば2次会くんと比較すると、2次会サポーターズはゲスト1人あたり3,500円-2,500円=1,000円割安になります。
もし60名様のゲストを招待される予定であれば、1,000円×60名様の6万円を景品代に充てられますので、2次会くんで提示される無料の景品セットと比べて、どちらが魅力的かを比較することができます。

1日3組限定の無料特典はインパクト大!

2次会サポーターズの最大の魅力は、1日3組までが適用となる無料特典の充実ぶりです。

逆に言えば、1日3組の限定特典がもし利用できない場合は、景品セットが基本サービスに含まれない分、他社サービスと比較すると割高感が出てきてしまうかもしれません。

また、無料レンタルのウェディングドレスは外部の専門サロンではなく、2次会サポーターズが運営する自社サロンのラインナップに限定されます。
そこでお気に入りのデザインが無かった場合には、結局他のドレスショップから有料でレンタルする必要が出てきます。

カメラマンサービスも、自社スタッフではなく「プロカメラマン(デジカメではなく、フルサイズレンズの一眼レンズカメラを使う)」を呼んでもらえるのか、事前に確認しておいた方が良いでしょう。(自社スタッフであれば、2次会本舗の基本サービスにも同じ内容が含まれています)

2次会サポーターズはこんな新郎新婦さんにおすすめ

1日3組限定の無料特典を含めると、最もお得に幹事代行サービスをご利用いただける可能性が高いのが、2次会サポーターズです。
そのため、とにかくお得に(基本サービス、無料特典の)幹事代行サービスをご利用されたい新郎新婦さんにおすすめです。

ただし、基本サービスに景品セットが含まれておらず、結婚式二次会当日の収支バランスを予想して景品代金を捻出する必要があります。
予想よりゲスト人数が減ってしまったりすると、景品代は新郎新婦さんの自己負担になる可能性もあります。

また、1日3組の条件から漏れてしまったり、必ずしもドレスのレンタルやカメラマン撮影が二次会に必要無いとお考えの新郎新婦さんにとっては、あまりお得感がない幹事代行プランに見えてしまうかもしれません。

2次会エンタ

最後にご紹介させていただくのが、私もプランナーを務めております「2次会エンタ」です。

ここで必要以上に自社のサービスを褒めてしまうと、記事全体が嘘っぽくなってしまうので、しっかりと公平にご紹介させていただきます!(笑)

2次会エンタの料金体系

2次会エンタでは、2020年からプランの大幅なリニューアルを行っており、6つの幹事代行プランから、新郎新婦さんのニーズに合わせて選んでいただくスタイルとなります。

最大の特徴は、これまでご紹介した3社の「会費上乗せ料金プラン」だけでなく、ゲスト人数に関係なく一律定額料金の「定額プロデュース料金プラン」を用意している点です。

ゲスト40名様までの二次会でご利用可能なスマートプラン(77,000円)と、それ以上のゲスト人数でご利用可能なエンタプラン(12万円)の2種類で、一律定額料金のプランには景品セットが含まれません。

基本サービスの内容が異なる、ゲストお一人様あたり1,500円、2,000円、2,500円、3,000円の「会費上乗せプラン」では、「受付だけは友人幹事にお願いしようかな」といった部分的な幹事代行がご希望の際に、料金プランを選択できるようになっています。

2次会エンタのおすすめポイント

それでは、2次会エンタが他の代行業者と異なる点をご紹介していきます。

無料相談会は、プランナーによる出張対応

無料の相談会は、新郎新婦お二人のご都合に合わせて、プランナーが最寄駅・指定駅まで出張対応をしております。

出張相談会は、平日・週末の予定の合間で調整が可能な点と、サロンでの相談会と比べると営業されるプレッシャーが少ない点が特徴です。

また、2次会エンタの無料出張相談会は、相談会後に正式お申込される方の割合が90%を超えています!

開催会場が未定の場合は、ご要望のイメージに合わせて貸切候補会場をリサーチ・下見手配まで無料対応しておりますので、「取りあえず二次会について準備を始めようかな」という状態の新郎新婦さんも、お気軽にご相談いただけます。

選べる6つの幹事代行プランは関東最安の1,500円から

2次会エンタの選べる6つの幹事代行プランは、代行範囲に応じて予算をご調整いただけるのが特徴です。

会費上乗せ1,500円の「ベーシックプラン」は、全ての事前準備と、二次会当日のお笑い芸人による司会進行が含まれますので、それ以外の役割はご友人幹事様で対応いただく必要があります。 
「二次会の幹事は友人に頼む予定だけど、全部をお願いするのは負担が大きいから、一部を代行業者に手伝ってもらいたいな」という新郎新婦さんにぴったりなプランです。

また、会費上乗せ2,500円の「スタンダードプラン」は、2次会サポーターズの料金と同額ですが、景品セットが基本サービスに含まれる点が異なります。更に、ゲスト70名様以上でプロカメラマンによる写真撮影サービスも無料で付きます。

会費上乗せ3,000円の「プレミアプラン」は、人気ブランド「ドレスベネデッタ」のウェディングドレスが無料でレンタルいただけますので、二次会用のドレスにお悩みの新婦さんにとっては魅力的なプランかと思います。(ただし、プレミアムプランはゲスト60名様以上がご利用の条件となります)

ドレスベネデッタの二次会ドレスの特徴は、【プレ花嫁必見】ドレスベネデッタが結婚式二次会でおすすめな理由をチェックしてみてください。

その他にも、ゲスト40名様までは77,000円、それ以上の人数は上限なし12万円(70名様以上に限り受付スタッフ1名追加の+1万円)の一律定額料金プランもございます。
一律定額料金プランは、ゲストを呼べば呼ぶだけ会費の余りが増えるため、予定よりゲスト人数が増える可能性が高い結婚式二次会ではおすすめです。

司会者はお笑い芸人が、事前の打合せからサポート対応

2次会エンタの司会者は、プロのお笑い芸人を起用しております。

他にも芸人を司会者で手配できる代行会社はありますが、当日の司会者が事前の打合せにも同席するのが、2次会エンタの特徴の1つです。

打合せは担当プランナーと司会者の2名体制で、進行や余興・ゲームをご提案し、その2人が結婚式二次会当日まで代わらず対応をします。
事前に共有された新郎新婦さんのご要望が、二次会当日にも反映しやすい点が特徴となります。

コロナ対策もしっかりと行っています

現在の結婚式二次会では、参加してくれるゲストのためにもコロナ対策は必要最低限のマナーとなってきています。

結婚式二次会会場でコロナ対策していない場合でも、2次会エンタがコロナ対策もサポート!

非接触型の検温器、自動のアルコール消毒、ブッフェ用にビニール手袋の準備、スタッフの体調管理やマスク着用も徹底しております!
2次会エンタの詳しいコロナ対策については、2次会エンタblog『コロナ渦の結婚式二次会に幹事代行をおすすめしたい3つの理由』でご紹介しています。

2次会エンタはこんな新郎新婦さんにおすすめ

2次会エンタの6つの幹事代行プランは、それぞれ含まれるサービス内容が異なるので、1回(1社)の無料相談会でプランごとの比較検討ができるメリットがあります。
結果的に、相談会後の高い成約率に繋がっているのかと思います。

あらかじめ各プランの「含まれない(自己負担で揃える必要がある)サービス」が説明されるため、本当に必要なサービスだけを選んで、予算もご調整いただけます。

単一のパッケージ感ではなく、プランの選択肢含め希望の内容にアレンジしたい。
そんな幹事代行会社をお探しの新郎新婦さんにおすすめしたいのが、2次会エンタです。

幹事代行業者選びは担当者とのフィーリングも大切

以上、4つの幹事代行業者のご紹介と、それぞれの特徴をご説明してきました。

項目2次会くん2次会本舗2次会サポーターズ2次会エンタ
料金プロデュース料金+上乗せ3,500円上乗せ3,300円上乗せ2,500円上乗せ1,500円~3,000円 / 一律7.7万円・12万円
基本サービス景品セット付景品セット&写真撮影付景品なし景品セット(2,500円プラン)&ドレスレンタル付(3,000円プラン)
無料特典ディズニーペアチケット(相談会時)
プロカメラマンまたはドレスレンタル(通常ゲスト90名様以上)
前撮りサービス(2020年4月成約特典)カメラマン&ドレス&タキシード(1日3組限定)プロカメラマン(2,500円・3,000円プランのゲスト70名様以上)
無料相談会自社サロンプランナー出張自社サロン / プランナー出張プランナー出張
おすすめポイント1業界No.1の実績明瞭会計1日3組の無料特典が充実選べる6プラン
おすすめポイント2無料相談会の参加でペアチケットプレゼント基本サービスに写真撮影付無料相談会が出張・サロン両方対応上乗せ2,500円から景品セット付
おすすめポイント3景品セットが豪華司会者がお笑い芸人上乗せ2,500円の割安感事前打合せから芸人司会者同席
幹事代行4社の比較まとめ

基本的には、どの幹事代行会社に依頼された場合も、料金や基本サービス内容に多少違いはあれど、友人幹事を立てずに結婚式二次会をトータルにプロデュースしてもらえます。

ただ、細かい違いよりも満足度に大きく影響をしてくるのが、担当プランナーの接客態度や新郎新婦さんとの相性です。

現に、ネットの口コミの低評価を見てもその多くが、担当プランナーが連絡してこない、言ったことをやってくれない、当日まで不安な気持ちで一杯だった、などサービス内容より担当者個人に対するクレーム意見がほとんどです。

おススメの組み合わせは、2次会くん+気になった業者1社

そのため、無料相談会は1社だけで判断せず、できれば2社以上の相談会に参加して、比較されることをおすすめします。

無料相談会の担当者が当日まで窓口になってくれることは少ないかもしれませんが、結婚式二次会に対する姿勢や新郎新婦さんとの距離感は、同じ会社内で多少なりとも似てくるものです。

実際に担当者・プランナーと話をしてみて、フィーリングが合う幹事代行業者にお願いをするのが、最も後悔しない選び方かと思います。

個人的におすすめの無料相談会の組み合わせは、

  • 2次会くん
  • ホームページの雰囲気や無料特典など気になった1社

です。
理由としては、やはり業界最大手のサービスを軸に比較検討すると、その違いが良くお分かりいただけるかと思います。

2次会エンタでも、無料相談会の参加でギフト券をプレゼントキャンペーン中

ディズニーペアチケットとはいきませんが、2次会エンタでも無料相談会に参加いただいた新郎新婦さんに、もれなくハーゲンダッツのギフトカードをプレゼントしております。(打合せ後の、簡単なアンケートへのご記入が条件)

また、出張対応により平日の仕事終わりや、週末結婚式場との打合せの合間で手配が可能でございます。
少しでも2次会エンタのプラン内容、幹事代行のサービスについてご興味をお持ちいただけましたら、お気軽に無料相談会をお申込ください。

現在、プロカメラマンが無料などその他にも期間限定でお得なキャンペーンを実施中です!
是非、お得に幹事代行を頼むならキャンペンフォームよりお申込み下さい^^

2次会エンタの最新キャンペーンをcheck!

宴索の姉妹サイト「2次会エンタ」では、毎月お得な無料特典がもらえるキャンペーンを実施中です。
幹事を立てずに二次会の開催を検討されている新郎新婦様は、是非この機会にお得に代行サービスをご利用ください。

Click

/毎月キャンペーン内容は変わります♪\