avatar
お笑い芸人・田島
お笑い芸人が司会の幹事代行サービス「2次会エンタ」で、プランナー兼司会者をしている田島です。

これまで50組以上の結婚式二次会で、司会進行を任されてきました。

結婚式二次会で決めなければならないものの一つとして「会場」がありますが、 何を基準に選ぶのか悩まれる方もいるかと思います。

立地やお店の雰囲気や料理・ドリンクの内容など様々ですが、 司会者または幹事目線での会場の選び方は少し異なります。

今回は、司会者(幹事)目線で、会場選びのポイントをお伝えしますので、新郎新婦さんのこだわり条件にプラスして考えてもらえると、友人幹事さんは助かると思います!

こんな新郎新婦さん、幹事様におすすめの記事です

・結婚式二次会がしやすい会場って、具体的にどういうところだろう?
・会場の雰囲気だけで選んでもいいのかな?
・新郎新婦から会場選びを任されたけど、探し方がわからない、、、

貸切会場を選ぶ際の最重要項目とは?

新郎新婦さんが、結婚式二次会の会場を探す際は、雰囲気を重要視している方も多いのではないでしょうか?

雰囲気ももちろん大事ですが、大前提として注目してもらいたいポイントは会場のレイアウトです。

会場の広さや、椅子の数など気にされる方は多いですが、 高砂とゲストの位置関係や余興のスペースまで考えて探している方は少ないように感じます。

結婚式二次会だからこそのレイアウトの重要性

ただ貸切で飲食だけをされるであれば、会場の広さだけを考えれば問題ないかと思いますが、 結婚式二次会のような、余興・ゲームや映像など、進行が様々ある場合は、レイアウトも広ければ良いというものではなく、進行に適しているお店選びをしなければいけません!!

つまり、レイアウトによって進行内容も変わります!!

おすすめのレイアウトとは?

そこまで細かいポイントで会場を探しても、見つからない可能性が高いので、 お勧めとしては「ワンフロア・死角なし」の会場です!!

ワンフロアの会場で、柱や仕切りがない会場ですと、貸切の一体感を損なわずにすみます。

特に余興で、ゲームやダンス、映像を流すなどがある際におすすめです。

そういった余興などなく、歓談中心の場合は、一体感などそこまで必要ではないため、フロアが別れていたり柱があっても問題ないと思います。

意外と見落としがちな設備

司会者として二次会を進行する上で大事になってくるのが、マイク・音響です。

貸切が出来るほとんどの会場ではマイク・音響設備はありますが、会場によって違いがあります。

司会者の動きの幅が変わってくる意外な注意点

例えば、有線マイクなのか?無線マイクなのか?また本数は何本置いてあるのか?

その辺りの会場設備の確認は必須です。

無線か有線かで司会者が動ける範囲も代わってきますし、本数によって司会者はマイクを新郎新婦さんやゲストに向けながら進行していくなど、司会の技量にも関わります!!

また、貸切をする回数が少ない会場は、マイクを使うタイミングが滅多になく、当日久々に使ったら故障していた、、、といったこともあります。

会場見学などされる際は、マイクがあるかの確認ではなく、具体的な内容(本数や有線/無線)を確認しましょう!

余談ですが、当日マイクの音量は準備の段階で調整しておかないと、パーティー開始後BGMの後しか聞こえず、二次会がただのクラブ状態になってしまいます。笑

当日のハプニングを避けるために確認が必要

マイクの他に意外と気にしていないところが、音響です。

バンド演奏やDJをされたい方は気にされると思いますが、その他の方は恐らく音楽を流せるかどうかの確認しかしないと思います。

意外と重要な、音響設備については要チェックです!

スピーカーに注目しよう

特に、小さい会場で多いですが、備え付けではなく、家でも置けるような小さいスピーカーしかないところがあります。

もちろん、音楽は流せますが、結婚式二次会でお酒が入りゲストの盛り上がりがMAX、司会のマイクの声などで、BGMがかき消されるときがあります。

BGMは、入場・退場、ケーキセレモニー、ゲームなどといったシーンで、音量を上げると、より結婚式二次会が盛り上がりますが、そんな盛り上がるシーンで、音響設備がよくないと、せっかく新郎新婦さんが選んだ好きなBGMもまったく聞こえなくなります。

そうなってしまうと、音楽を流していても、無音状態になってしまい、盛り上がりに欠けるパーティーになってしまいます、、、。

BGMを流す手段の確認

会場によっては、CDでしか流せない、スマホからイヤフォンジャックで繋げられる、Bluetoothで飛ばす、などといった様々なBGMを流す方法があります。

それぞれの注意ポイントをお話します。

CDで音楽を流す場合

CDを原盤で用意す場合は問題ないかと思いますが、ダビングをする場合は、必ず事前に再生チェックをしましょう。

イヤフォンジャックで流す場合

スマホから流すことができる手軽さ、有線なので音が流れないことはほとんどないためおすすめです。
ただ、最近のIphoneですと、イヤフォンジャックがついていないため、変換機を必ず用意しましょう。

Bluetoothで流す場合

Bluetoothでしか流せない会場もたまにありますが、これが一番要注意です。
ネット回線が悪かったり、何かの不具合でBGMが流せないことが、一番高い方法になります。
可能であれば、この方法しか取れない会場は、避けることをおすすめします。

当日、音楽が流れない、、、といったハプニングを避けるためにも、会場選びの段階でちゃんとチェックしましょう。

有意義な結婚式二次会をするために、貸切時間は正確に確認

結婚式二次会では、お店を貸切にして利用される事がほとんどですが、 忘れずに確認してほしいのがパーティー時間と貸切時間です。

パーティー時間は飲食やパーティーを楽しむ時間で、 貸切時間とはパーティー時間の前後に準備や片付けを含んだ時間です。

当日のパーティーに余裕がもてるかどうか大きく分かれてくる

実はこの貸切時間はお店によって違いがあります!!

貸切時間が3時間であれば余程の事がない限り、時間が足らないといったことはないかと思いますが、貸切時間が2.5時間の会場も少なくありません!!

2.5時間ですと、パーティー時間を削って、受付や片付けの時間を増やすといったことを考えなければいけないため、貸切時間は必ずお店に確認をしましょう!

パーティー時間をたくさん取りたいからといって、準備時間や片付け時間など充分にとっていないと、幹事さんの負担が大きくなります。

最悪、準備が間に合わず受付も遅れ、新郎新婦さんの入場時間になっても、まだ受付が終わらないといった事態になります。

また、貸切時間をオーバーしてしまうと、当然追加料金もかかりますのでご注意ください!!

意外と、結婚式二次会当日の準備・受付はやることがたくさんありますので、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

参考記事:新郎新婦に知ってほしい!結婚式二次会で受付をやることの大変さ!?

受付を任された方の大変さを、細かく説明しています!

結婚式二次会の会場選びは見た目より中身で選ぶ!

会場を決める際に、お店の立地条件や雰囲気だけで決めてしまうと、後々痛い目に合うことがあります!!

実際にパーティーをやる想定をして会場選びをすれば、自分達のパーティーに合っているか合っていないかを判断できます!!

今回ご紹介した3つのポイント

・レイアウトは、ワンフロアで仕切りがないところがおすすめ
・マイク・音響設備は会場見学の際にしっかりと確認!
・全体の貸切時間をしっかりと把握する!

会場に問い合わせ、もしくは下見された際、必ず確認をして素敵な結婚式二次会にして下さい☆

どんな会場でも結婚式二次会が盛り上がる方法

「2次会エンタ」なら、新郎新婦さんと事前に打ち合わせをした、プロのお笑い芸人が、当日の司会を担当します。お二人のエピソードを盛り込んだ進行で、ゲストのみなさんにも安心して楽しんで頂くことが可能です。

プロ司会者なので、どんな会場でも盛り上がること間違いなし!

是非、結婚式二次会の幹事代行「2次会エンタ」の詳細をチェックしてみてください。

1,500円からの幹事代行サービス

2次会エンタなら、プロお笑い芸人と専属プランナーに、面倒な結婚式二次会の幹事をまるっとお任せ♪

新郎新婦様のご要望に合わせて、1,500円~の豊富なプランをご用意しております。 まずは詳しいサービス内容と料金プランをチェック!