Original

余興の定番!結婚式二次会で流すと盛り上がる映像

お笑い芸人が司会の幹事代行サービス「二次会エンタ」で、プランナー兼司会者をしている田島です。

結婚式二次会では参加してくれるゲストを楽しませるため、余興やゲームなど様々なプログラムがありますが、新郎新婦さんや幹事さんが1番こだわる進行の一つが、余興映像です。

二次会に参加すると新郎新婦さんの映像を観る事はよくありますが、披露宴でも使用した映像も含め、どのタイミングで、どのように上映すればよいのか迷っていらっしゃる方も少なくないのでは?

映像を一切流さない結婚式二次会も稀にありますが、司会者としてパーティーを進行していく中で、ゲスト全員が楽しめる映像の上映があるのとないのでは、パーティーの盛り上がり具合が段違いです!!

今回は、普段結婚式二次会の司会をやっていて感じる、盛り上がる映像とその上映のコツをご紹介します!!


目次[非表示]

  1. 1.オープニングムービー
    1. 1.1.オープニング映像の内容
    2. 1.2.オープニング映像の上映タイミング
  2. 2.プロフィールムービー
    1. 2.1.プロフィール映像の内容
    2. 2.2.プロフィール映像の上映タイミング
  3. 3.エンドロールムービー
    1. 3.1.エンドロール映像の内容
    2. 3.2.エンドロール映像の上映タイミング
  4. 4.サプライズムービー
    1. 4.1.サプライズムービーの内容
    2. 4.2.サプライズ映像の上映タイミング
  5. 5.映像の余興はゲストの注目を最も集めやすい
    1. 5.1.映像の余興に加えてプロのお笑い芸人のオリジナル漫才も!

 


オープニングムービー

オープニングムービーとは新郎新婦さんが入場する直前に流し、入場を盛り上げる演出映像です。

特に入場前は会場がざわついているケースが非常に多いため、音楽と映像でゲストの注意を引きつけ、更に会場の空気に一体感を生み出し入場への期待感を高めることが出来るため、かなり重要な映像です。

もし可能であれば、会場内の照明を暗転させることで、さらにゲストの注目を集めることができるためおすすめです。


オープニング映像の内容

内容はウェルカムメッセージや新郎新婦の自己紹介を盛り込むのが一般的です。

映画のプレビュー風や、どこかで見たことのあるTVのオープニングのパロディーで作成してみてみると、ゲストを沸かせることができますよ!

カウントダウンなどを盛り込むと、より効果的です。 ゲストへの挨拶や、感謝の気持ち、おもてなしの心を約2~3分でまとめて流すオープニングムービーを是非入れておきましょう♪

※オープニング映像の一例をご紹介します


​​​​​​​


オープニング映像の上映タイミング

当然オープニング映像は、主役の新郎新婦さんが入場前に上映し、お二人を待つゲストのボルテージを最高潮にもっていきます。

ただ、二次会用にオープニング映像を作成できず、披露宴で上映したものを利用する場合は、もう一度入場前に流したとしてもゲストのテンションを再び上げることは難しいかもしれません。
(披露宴と二次会で参加ゲストが全く異なる場合は別ですが)

その場合は、あえて入場前にこだわらず、受付時間中などに音なし・リーピートで再生しておくのも良いです。

また、もし二次会用にオープニング映像を作っている時間がない!と思ってしまったお二人には、ご披露宴で使った「プロフィール映像」をオープニングで上映することをおすすめします。

プロフィール映像は尺が5分以上あることが多いので、開宴時刻ぴったりから上映を始めるのではなく、映像直後に開宴、新郎新婦さんのご入場となるよう、逆算して受付時間中から上映を始めてしまいましょう。

オープニング映像が終了したタイミングで、

「会場の皆様、大変長らくお待たせいたしました!後方の入り口にご注目ください!新郎新婦、ご入場です!」

と間髪入れずにアナウンスできた時は、ゲストのテンションも最高潮に盛り上がる事間違いなしです!

もしそれでも会場が盛り上がっていなければ、司会の腕がなかったと思って諦めましょう(笑)

>>>オープニング制作のお問い合わせ・サンプルご希望はコチラ



プロフィールムービー


プロフィール映像の内容

プロフィールムービーとは、新郎新婦さんの誕生から生い立ちなど、二人のストーリーをゲストに紹介する映像です。

プロフィール映像は披露宴用に作成されている場合が多いため、二次会用に改めて作る必要はございません。

また、披露宴で流した映像を、わざわざ二次会でもまた流す必要は無いかな、とお考えの新郎新婦さんも多いようですが、田島はそうは思いません!

特に、二次会からの参加ゲストが1人でもいらっしゃるなら、お二人のパーソナルな情報や馴れ初めを知ってもらえるプロフィールムービーは、是非とも二次会でも流されることをおすすめします。

※プロフィール映像の一例をご紹介します



プロフィール映像の上映タイミング

プロフィール映像を上映するタイミングとしては、大きく2パターンがございます。

1つは、ゲスト全員に注目してご覧いただく場合で、しっかりと時間を取って司会者の紹介後に上映をします。

前述のように、オープニング映像代わりに使用しても良いですし、田島は余興ゲームの直前の上映をおすすめします。

ゲストの歓談を中断して余興ゲームに入る際は、どうしてもゲスト全員の注目を一集める必要があります。

そこでゲストの注目を集めやすいムービー上映は大変役に立ちます。

何なら会場内を上映に合わせて暗転できれば、必然的にゲストの歓談を中断させることができるので、その後の余興ゲームにもスムーズに入ることができます。


もう1つのタイミングは、ゲストのほとんどが披露宴にも出席されている場合に、受付中、または歓談中に音なしでリピート再生します。

ゲストのほとんどが披露宴も参加をされている様な二次会のケースでは、敢えて進行に上映の時間を設けなくともよいです。

その際は、受付時間や歓談中に音なしで上映をしつつ、司会者から

「ただいま会場内のスクリーンでは、新郎新婦の生い立ちムービーを上映しております。先程のご披露宴でも上映されたプロフィールムービーですが、まだご覧になられていない方は、是非こちらもお楽しみください。」

とアナウンスをしてあげましょう!

>>>プロフィール制作のお問い合わせ・サンプル映像のご希望はコチラ



エンドロールムービー


エンドロール映像の内容

エンドロールムービーは、二次会に参加されたゲストに向けた、新郎新婦さんからのメッセージ字幕付きの映像です。

このエンドロールムービーも、通常披露宴で作成したものを、二次会でも利用する場合は多いです。

特に、披露宴のエンドロールでは、当日の結婚式の様子を撮影して、その場で編集して流す「撮って出し」が一般的なので、結婚式に参列されてないゲストが二次会では多い場合は、是非結婚式の雰囲気を映像で楽しんでもらいましょう。

ただ、クレジット(映画のスタッフロールのように、出席者の名前が流れる)が披露宴の内容のまま上映するのが気になる、という新郎新婦さんは、式場(または映像業者)に「二次会に使用したいから、クレジットを抜いたDVDをもらえないか」と聞いてみて下さい。

別途費用がかかる場合もありますが、クレジット無しの映像のみのエンドロールをもらえるかもしれません。

また、二次会の出席ゲスト用に改めてエンドロールムービーを作りたい!という向けに、二次会用のエンドロールサンプルをご紹介します。



エンドロール映像の上映タイミング

披露宴でのエンドロールムービーを二次会でも上映する場合に最も多いのが、受付中、歓談中に音なしでリピート再生するケースです。

前述のプロフィール映像同様、披露宴でご覧になったゲストは改めて見てもらう必要もないので、二次会から出席されたゲスト向けに上映したいと考えると、わざわざ時間を取って流すことはしない場合が多いです。

が、田島はここでも違う意見を持っています!

実はエンドロールムービーは、新郎新婦のお二人は披露宴会場では内容を見ていないケースがほとんどです。

披露宴の進行上、新郎新婦退場後に会場内のゲストに対して上映されるのがエンドロールムービーであり、その裏では新郎新婦さんは送賓の準備をされているので、映像を見ることはできません。

そのため、折角なので二次会では新郎新婦さんとゲストの皆様で、今日という一日を振り返っていただく時間としても、エンドロールムービーを上映する時間をしっかり取ることをおすすめします。

タイミングはやはり新郎新婦退場前(またはお二人の謝辞の前)の上映が良いです。

実は田島、二次会の映像の中でこのエンドロールムービーが一番好きです!!

新郎新婦さんだけでなく、ご両親やご友人の幸せそうな笑顔や涙ぐんでいる姿が映し出されると、自然ともらい泣きしそうになります。。

また、二次会で盛り上がった空気が、エンドロールムービーの上映によって、お開きに向けて落ち着いた空気に変わるので、その後の退場のアナウンスに入りやすいです。

>>>エンドロール制作のお問い合わせ・サンプル映像のご希望はコチラ



サプライズムービー

最後にご紹介するのは、感動の定番・サプライズムービーです。

二次会では入場・乾杯・ケーキカット・余興など盛り上がるプログラムが多いため、最後の謝辞前にサプライズムービーを上映し、パーティーを感動で締めるというのが最も綺麗な流れかと思います。


サプライズムービーの内容

新郎、または新婦が、相手に内緒で作成して当日サプライズで流す映像や、幹事や友人が新郎新婦に内緒で作成してサプライズで流すことが多いです。

どちらにしても、サプライズムービーは友人の協力が必須になってくるため、先ずは一緒に作成してくれるご友人もしくは幹事を探しましょう!

サプライズムービーを作る時のポイントは、できるだけ時間をコンパクトにまとめることです。

田島の経験上、サプライズムービーの上映時間は5~10分くらいが適切で、それ以上長ければ長いほど、感動は薄くなっていく気がします。

制作者側の伝えたい、感動を届けたい思いが、映像を長くしてしまう気持ちは痛いほど良く分かるのですが、起承転結を意識して、長くても10分程度の編集を心掛けてみて下さい!

また、メッセージやロケを伴うムービーの場合は、字幕を付けることを強くおすすめします。

会場の音響設備によっては、折角のメッセージが全然聞こえず何を言っているのか分からない!という興醒めの事態になってしまうことも少なくありません。

可能であれば、事前に二次会会場で映像を流して音量などをチェックしてみると良いでしょう。

 ※サプライズ映像の一例をご紹介します



サプライズ映像の上映タイミング

サプライズムービーは、内容によって上映の最適なタイミングが異なります。

先ずサプライズ対象の新郎新婦さんを驚かせたり、会場を盛り上げたい内容の場合は、パーティーの前半での上映をおすすめします。

有名人からのメッセージビデオや、バンジージャンプなどのチャレンジ企画が該当します。


また、内容がサプライズ対象を感動させたい(泣かせたい!)内容の場合は、新郎新婦謝辞の前でオオトリの余興として上映しましょう。

その際の司会者アナウンスは、

「さて、楽しい時間はあっという間に過ぎてしまうもので、皆様と楽しく過ごして参りましたこのパーティーも、いよいよお開きの時間が近づいて参りました。」

と、お開きをほのめかした後で、

「…ですが、なんとここで、新婦(新郎)には内緒で、ある方より映像のDVDが届いております。〇〇(お名前)さん、会場の皆様とご一緒に、是非スクリーンにご注目下さい!」

と内容にはあまり触れずに、サプライズ対象とゲストの注目だけスクリーンに向けるようにしましょう。

ここで会場が静まらずに、サプライズムービーの上映中に、ゲストの甲高い話声や笑い声が後ろで聞こえる程、興ざめすることはありません!

ここは司会者の腕の見せ所なので、しっかりとゲストの注目を集めたうえで、サプライズ上映に移るようにしましょう!

>>>サプライズムービー制作のお問い合わせ・サンプル映像のご希望はコチラ

また、サプライズと言えば二次会や結婚式には、必須もイベントですよね!

どのタイミングでサプライズ演出をするか、サプライズの内容などは非常に大切な要素です。

こちらの記事ではサプライズの鉄板ネタをご紹介してます!


  サプライズで新婦を感動させる鉄板ネタ3選 宴索のまとめblog記事




映像の余興はゲストの注目を最も集めやすい

二次会では、映像のデキがパーティーの盛り上がりを左右するといっても過言ではありません!!

いや、もちろん司会者の腕も大事なのですが、それくらい映像はシンプルにゲストを盛り上げて、感動を生む余興の一つだと思っています。

そして、会場内の暗転と組み合わせることができれば、ゲストの注目を集める最強のツールの一つとなります。

うまく進行に組み込むことで、司会者の進行も助けてくれます。

映像は準備が非常に大変ですし、費用もかかりますが、形に残せるものなので頑張って準備して盛り上がる二次会にしましょう!!( *´艸`)


映像の余興に加えてプロのお笑い芸人のオリジナル漫才も!

映像はゲストの方も盛り上がり易い、定番の余興です!

さらに新郎新婦オリジナルの雰囲気を出したいなら、二次会エンタのプロのお笑い芸人による新郎新婦オリジナルの漫才ネタの余興も大変おすすめです。

どんな内容で漫才を準備してくれるのか、サービスの内容が気になった方はこちらで確認してみてください!

  2次会エンタ~1,500円からの幹事代行サービス 2次会エンタなら、プロお笑い芸人と専属プランナーに、面倒な結婚式二次会の幹事をまるっとお任せ♪ 新郎新婦様のご要望に合わせて、会費1,500円~の豊富なプランをご用意しております。 まずは詳しいサービス内容と料金プランをチェック! 宴索のまとめblog記事



  映像制作の依頼 結婚式二次会に関する会場ランキングや新郎新婦様や幹事様のためのノウハウ集などを公開します 宴索のまとめblog記事




無料の映像特典も盛り沢山!

2次会エンタ7なら、司会者・景品セットを含む幹事代行サービスと

会場の飲食代コミコミで会費7,000円の自己負担0円♪詳細はコチラ↓↓

お笑い芸人・田島

お笑い芸人・田島

ワタナベエンターテインメントの養成所を卒業し、主にツッコミ役として漫才や営業の現場で活動中の現役お笑い芸人です。 二次会エンタでは司会者実績No.1を自負しております。 MCだけでなく、プランナーとしての経験も積みながら、新郎新婦様やゲストが笑顔になれるパーティーを日々研究しています。

結婚式二次会・貸切パーティーに関するお問合せ
(コンシェルジュデスクがご回答しますので、お気軽にご相談ください)

関連記事

結婚式二次会、結婚お披露目会用におすすめのウェディングドレスショップ

ウェディングドレス

2019-03-18 13:18

結婚式二次会のドレスをお探しの花嫁様に、おすすめのドレスショップをご紹介します

全9件中 1〜 5件を表示

人気記事ランキング

最新記事

タグ一覧