お笑い芸人が司会の結婚式二次会幹事代行「二次会エンタ」にて、プランナー兼司会者をしている田島です。

新郎新婦との打ち合わせで大切なことが二人の話をしっかり聞き出すことです。

出会い~交際~プロポーズに至るまで、さらにはお互いがまだ知らないことまでを聞き出し二次会当日でエピソードやクイズにしてゲストを盛り上げます。

今回は結婚式二次会の司会を務める上で重要な新郎新婦との打ち合わせの内容についてご紹介します。

 

出会いからプロポーズまでの馴れ初め

738059e7a4a9668bb72a950925fed494_s

 

まずは出会いからプロポーズまでの経緯を聞いていきますが、ポイントは話を深く掘っていくことです。

例えば出会いを聞くときは、いつ?どこで?何人?第一印象は?などを具体的に聞いていきます。

無駄に思うかもしれませんが、掘っていくうちにネタになるようなことが出てきます。

更に質問は新郎新婦に同じ質問をしてください!!

意外とお互い思っていたことが違っていたり、言っていることにズレていたりで面白くなる要素満載です。

緊張する挨拶のシーン

個人的にお勧めは新郎が新婦のお父さんに挨拶に行くエピソードです。

よく「娘さんをください」を題材にした漫才やコントがありますが、リアルの「娘さんをください」のエピソードは緊張感が抜群にあり、笑い話が転がっていることが多いです。

 

個人の情報

次に新郎新婦個人の情報ですが、ここも面白いことを聞き出せるチャンスです。

特に馴れ初めで特にネタになることがないという場合はここで聞き出していくしかありません!!

具体的な質問とは

趣味・特技は?
飲み過ぎて後悔したことは?
コンプレックスは?
子供になりたかった職業と理由は?
無人島に一つ持っていくとしたら何を持っていく?

などなど面白い答えが返ってきそうなことを徹底的に聞き出しましょう!!

それからお互いに対する質問も用意しておきましょう!

お互いをなんと呼んでいる?
似ていると思う芸能人は?
好きなパーツはどこ?
言われて一番嬉しかった言葉とシチュエーションは?

ここを聞き出す時は特に照れてしまいお互いに本音の部分が聞けないこともあるため紙に書いて見せてもらうなどして工夫して聞き出しましょう。

注意することは言われなくてもお分かりだと思いますが、過去の恋愛に関してはNGです!!

 

個別で聞く

ここまできてもネタになりそうな事が聞けなかった場合は正直困りますが、新郎新婦によっては互いに聞いているから言いにくいこともあります。

新郎新婦それぞれに話を聞くとおもしろい

解決法は個別で一人一人聞いていくことです。

といっても披露宴の準備で忙しい新郎新婦を個別で呼んで話を聞くのはかなり厳しいと思いますので、新郎新婦との打ち合わせの時にやりましょう。

方法はヘッドフォンを周りの声が聞こえないくらいの音量で順番に装着してもらい個別で聞いていきます。

内容は、普段言えない事、内緒にしている事、愚痴などあれば。。

更に何故この人と結婚しようと思ったのか、この辺のエピソードは「本人が目の前にいるから恥ずかしくて言えないけど・・・」と言いながらもその本人に聞こえていないため話してくれることが多いです。

他にも個別で聞くときにはサプライズの提案なんかも出来ますので、ここは幹事とタッグを組んでしっかり準備していきましょう!!

 

いかがだったでしょうか?

注意してほしいのはいじられたり、ネタにされるのを嫌がる新郎新婦の場合は必ず事前に使っていいかを確認しましょう。

それからネガティブ要素ばかりだと印象が悪くなってしまうこともあるのでバランス良くポジティブな要素のエピソードやクイズに入れることが大事です。

司会の準備次第で二次会の盛り上がりが大きく変わってきますので新郎新婦のことを徹底的に調べつくして当日を迎えるように心がけましょう!

新郎新婦さまのオリジナルエピソードを盛り込んだ漫才余を依頼するなら「二次会エンタ」

プロのお笑い芸人による、新郎新婦さまお二人のエピソードを使ったオリジナル漫才が「二次会エンタ」なら実現します!

事前の打ち合わせで新郎新婦の面白いエピソードとお二人の性格を伺い、ゲストの皆さまと喜んで頂ける漫才が見られます^^

唯一無二の余興に関心がある方はこちらをチェックしてみてください♪

  2次会エンタ~1,500円からの幹事代行サービス 2次会エンタなら、プロお笑い芸人と専属プランナーに、面倒な結婚式二次会の幹事をまるっとお任せ♪ 新郎新婦様のご要望に合わせて、会費1,500円~の豊富なプランをご用意しております。 まずは詳しいサービス内容と料金プランをチェック! 宴索のまとめblog記事