結婚式二次会プロデュースをしている「二次会エンタ」でプランナー兼司会者をしている田島です。

結婚式二次会の幹事を任されると、当日までに用意が必要な様々なアイテムがあります。

ゲームの景品はもちろん、BGMの音源や、受付のアイテム等々。

いよいよ当日を迎えて、いざ二次会会場へ来てから、「あっ!用意を忘れていた!」となりやすいアイテムをまとめてみましたので、近々二次会の迎える予定の幹事様は是非ご参考にしてください!

 

 

☆受付に必要なアイテム☆

ゲストの名簿リスト

披露宴の受付は記帳式(ゲスト自身に名前を書いてもらう)がほとんどですが、二次会ではあらかじめ参加ゲストの名前を名簿形式にして作成しておき、受付でチェックしていく形式が多いです。

この時、必ず五十音順に並び替えておくことが大切です。

また、新郎新婦から受付名簿を預かる場合は、ふりがなも忘れずに記入しておいてもらいましょう。

 

ウエルカムボード

二次会では、披露宴で使ったウエルカムボードを持ってきて使うことが多いです。

披露宴会場から二次会会場まで誰が運んで準備するかなど担当を決めておきましょう!

 

お釣銭

忘れがちで、忘れるととにかく困るのが釣銭です。

会費にもよりますが、10,000円を支払うゲストも多くいるため1,000円札は余裕を持って準備しましょう!

また、500円単位の会費を設定している場合は、間違いなく500円玉が大量に必要となります。

両替をしてくれる銀行窓口やATMは、結婚式当日の土日はもちろん閉まっていますので、必ず前日までに用意をしておく必要があります。

 

電卓

会費の集計に使うため必ず準備しておいた方が良いのが電卓!

携帯の機能にもありますが、計算ミスを防ぐためにも、卓上用に大きめの電卓を1つは準備しておくことをおススメします!

 

金庫

スムーズに受付を対応するためには、お札が入る金庫の用意は必須となります。

会場で貸し出してくれる場合も多いですが、用意がない場合は自分達で持ち込む必要がございますので、お札が最低2列(千円札とそれ以外)おさまるサイズの金を準備しておきましょう。

 

さらに、受付での注意点等を知っておきたい新郎新婦さまにはこちらの記事もおすすめです!

  新郎新婦に知ってほしい!!二次会で受付をやることの大変さ!? 宴索のまとめblog記事

 

 

☆印刷物☆

司会者台本

意外と準備をしていないのが司会者用の台本です。

普段人前で話すことになれていない幹事が司会者をやる場合は必ず、必ず司会者用の台本も作成しておきましょう!

司会の進行がグダグダだとせっかくの二次会パーティーが台無しに終わります。

慣れていない司会者にとって、台本はまさに「命綱」と言っても過言ではない重要アイテムです。

 

進行表

「いやいや、進行表くらい言われなくても作成してるわ!」

と仰るそこの幹事さん!当日は何部印刷していく予定ですか?

そうです、二次会会場の現場では、幹事様全員分の進行表を用意しておく必要があります。

「私の分の進行表がない!」なんて声をよく聞きますし、近くのコンビニに走ってコピーを取ってくる幹事さんも目にすることもあります。

また、幹事様他、お店のスタッフさんや音響担当者にも、当然進行表を渡す必要があります。

当日想定以上に必要となるのがこの進行表なので、余分に2.3枚多く印刷しておくことをおすすめします。

 

精算表

もし幹事様が、新郎新婦から会場への支払・精算も任されている場合は、料理代などの明細も事前に用意しておくと便利です。

通常は、お店に人数だけ伝えれば支払金額を計算してくれる場合がほとんどですが、極稀にお店側が計算や金額を間違えて請求してこられるケースがあります。

特に、事前に新郎新婦がお店から特別に割引など受けている場合は、その割引が反映されていなかったりすることもあるので、事前に費用の明細は新郎新婦と共有しておきましょう。

 

荷物リスト

ほとんどの方は用意されていないですが、確実にあると便利なのが荷物リストです。

二次会の荷物は、新郎新婦を含めた複数の幹事がそれぞれ持ち込む荷物を担当している場合が多く、この記事でご紹介しているような漏れやすいアイテムはリストにして事前に確認をしておくと良いです。

また、事前の持込荷物と当日持込荷物を分けておいて、二次会会場に到着後はそれぞれ漏れている荷物がないかチェックリストで確認をしていくことをおすすめします。

 

 

 

☆進行上絶対必要なアイテム☆

ここまでにご紹介したアイテムは、最悪なかった場合でも何とか会の運営はできますが、これがなければいよいよ二次会自体が進められない!
忘れてしまうと、後で新郎新婦から白い目で見られてしまうこと間違いなし!なアイテムをご紹介します。

 

ゲームの小道具

結婚式二次会ではメインイベント一つでもあるゲスト参加のゲーム大会。

肝心のゲームに必要なアイテムを忘れてしまったら、景品はじゃんけん大会で配る!なんて結末になることも…(いや、それはそれで盛り上がりそうですが、笑)

ビンゴを行う場合は、ビンゴの番号を出すアイテムやビンゴ用紙、抽選会を行う場合は投票用紙と投票箱などなど。

流石に丸ごと忘れてしまう幹事様は少ないかもしれませんが、ゲスト全員に配るものが、当日人数が増えたがために足りなくなってしまうことはあります。

1枚でも足りないと、悲しい思いをするゲストが生まれてしまうので、ここでも想定より余分に多めに用意しておくことをおすすめします。

 

BGMの音源

結婚式二次会を華やかに演出するために欠かせないのが、各シーンを盛り上げるBGM。

そのBGMの音源を忘れてしまったら、責任を取って幹事様はアカペラで歌って会場を盛り上げてあげましょう!!!

そんな罰ゲームの様なことにならないように、歓談中を含めたBGM音源は忘れずに用意しましょう。

市販のCDなら間違いないのですが、自分で編集したCDやパソコンなどの機材ごと持ち込む場合は、当日会場で流れないことも少なくないので、可能な限り事前に再生確認は済ませておきましょう。

 

披露宴からの荷物

意外に漏れやすいのが、披露宴会場から当日持ち込む荷物です。

既に挙げたウェルカムボード以外にも、高砂用の装花や、映像関係のDVDなど、無いと二次会の華やかな演出が台無しになったり、進行自体が進められない重要アイテムが多いので、必ず漏れないようにリストを作成しておき、式場から受け取る際に漏れが無いか、担当のプランナーにチェックをしてもらうようにしておきましょう。

 

 

 

☆それでもハプニングが付き物の結婚式二次会☆

どれだけ注意をして、周到に準備を進めたとしても、何かしらアイテムが漏れていたり予想外のハプニング起こってしまうのが結婚式二次会というものです。

ただ、そこは友人関係で頼まれた幹事な訳で、起こってしまったものは仕方がない!くらいの割り切りが必要です。

新郎新婦もそこは分かって頼んでいることが多いと思うので、多少のミスはご愛敬で笑って済ませてくれるでしょう。

もし少しのミスでも許せない、もしくは許してもらえそうにないと思う場合は、そもそも幹事を友人に頼まない、気軽に幹事を引き受けない方がよいのではないでしょうか!(^^)!

 

盛り上がる二次会を開催するなら、幹事代行の「二次会エンタ」

「二次会エンタ」なら、新郎新婦さまと事前に打ち合わせをしたプロのお笑い芸人が当日の司会を担当します。お二人のエピソードを盛り込んだ進行で、ゲストのみなさんにも安心して楽しんで頂くことが可能です。

また、お二人のエピソードをベースにしたオリジナルの漫才も余興に組み込むことができますので、唯一無二の二次会を開催したい新郎新婦さまにおすすめです。

是非幹事代行「二次会エンタ」の詳細をチェックしてみてください。

  2次会エンタ~1,500円からの幹事代行サービス 2次会エンタなら、プロお笑い芸人と専属プランナーに、面倒な結婚式二次会の幹事をまるっとお任せ♪ 新郎新婦様のご要望に合わせて、会費1,500円~の豊富なプランをご用意しております。 まずは詳しいサービス内容と料金プランをチェック! 宴索のまとめblog記事

 

 

 


友人幹事に余計な気苦労や負担を掛けたくない新郎新婦様におすすめ!

2次会エンタ7なら、司会者・景品セットを含む幹事代行サービスと

会場の飲食代コミコミで会費7,000円の自己負担0円♪詳細はコチラ↓↓